読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

415の世界

フルマラソンでサブスリーを達成したい40代。サブスリーとは3時間以内にゴールすることで、走るスピードは4分15秒/Kmです。この415は中年にとっては非常に高い壁ですが、乗り越えたいと日々頑張ります

はじめに

415の世界へ

 
ランニングを始めて5年になる。
39歳で始めて今は44歳。
 
走るという行為は好きだったし、割とすんなり長い距離が走れるようになった。
走り始めて1年後に出たハーフマラソンは1時間45分。
結構いいじゃん。
輝かしい才能がある訳ではないけど、まるで才能がない訳でもなさそうだって思った。
トレーニング本を読みまくった。ネットで、走っている人達の文章も沢山読んだ。
 
ランニング人口の3%しか到達していないサブスリーを目指してやろうと思った。
2時間59分と言われても現状との差がよく分からないが、どうや
1キロあたり4分15秒で走れば良いらしい。
キロ5分で走るのは抵抗ない。あと45秒か。イケそうだなって思った。
でも、速く走るような練習をしたことは殆どなかった。
 
ガーミンをはめて国道をジョグしてたとき、ふと、
1キロを全力で走ったらどれくらいで走れるのかな?って思いたち、スピードを上げた。
ゼーゼー言いながら夜の国道を走った。苦しかったけど体感では相当速かった。
箱根駅伝のランナーはキロ3分で走ってる。俺は2分50秒位かな?って思った。
1キロ過ぎたラップ音が鳴り、時計を見て目を疑った。4分15秒だった。
 
自分の遅さにたまげた。
箱根駅伝のランナー達は意味が分からないと思った。
そしてサブスリーってこのペースで42Kmも走るのか…と愕然とした。
自分のやっているジョギングの延長線上にある世界とは思えなかった。
現状のダッシュのスピードでフルマラソンなんて走れる訳がない。
 
 
サブスリーはとりあえず置いておいて、
まずフルマラソンに出てみようと思った。
H26年1月の館山若潮マラソンに申し込んだ。
確か、RUNNETで100選に選ばれてる大会から適当に選んだんだと思う。
本で読んだ練習を色々と試してみた。
インターバルもやったしビルドアップ走もやったし30Km走もやった。
それまで150Km/月程度しか走ってなかったのが、H25年12月は270Kmも走った。
 
レースはサブ3.5を目指してキロ5を若干切るペースで推移した
30Km迄はキツいなりに我慢できたが、31Kmの登り坂でなす術なくペースダウン、
以後上がることなく落ちる一方でキロ6分台まで下がり3時間40分でゴール。
甘くないな・・・と思う一方で、もっと練習してやろうと闘志が湧いた。
 
一生懸命練習した。その結果…
H26/5 左ふくらはぎ肉離れ 9月迄違和感あり殆ど走れず
H26/11 湘南国際マラソン 4時間4分
H26/11 つくばマラソン  3時間56分
H27/8  右ふくらはぎ肉離れ
H27/10 右脚付け根痛み(1年治らず)
H27/11 つくばマラソン 痛みでDNS
H28/1  勝田マラソン  痛みでDNS
H28/3  静岡マラソン  痛いし練習してないが無理矢理出て4時間46分
 
 
記録はどんどん落ちて行った。
治る度に強度の高い練習をしたり、月300Km走ったりしては脚が痛んだ。
サブスリーどころかサブフォーもできない。
でも走ることは嫌いにはならなかった。
 
 
H28/4から考えを変えた。
~怪我をしないことを最優先にする~
 
本でもネットでも、
・メリハリをつけた練習こそ効率的
・月間走行距離にはこだわらず、内容で勝負
・負荷をかけてレストして回復させることの繰り返しで速くなる
ってことが殆ど全てに書かれている。実際正しいんだと思う。その通りやった。
練習が消化できると2ヶ月程度でビックリするくらい速く走れるようになる。
でも、怪我してすぐ走れなくなるので、レースでの記録は出ない。
 
 
なので以下の考え方で練習することにした。
・ポイント練習する日は事前に決めない。
 走り始めて調子が良く脚も問題なさそうなら、ビルドアップして負荷をかける。
 但しこれも週1日程度。
・練習の基本はジョグにする。ジョグだと怪我するほどの負荷にならない。メリハリ無視。
・脚の調子さえ悪くなければ走行距離にはこだわる。
 質を上げない・量もこなさない、だと記録が伸びるわけがない。
 質にはこだわらないが、量はこなす。
 「150キロ程度しか走ってないのにサブスリー。効率上げれば量は要らないよね~」
 という才能溢れるクレバーランナーには憧れるが、俺のような駄馬には無理とスッパリ諦める。
 駄馬は量で勝負だ!サブスリーには量で到達する。走った距離は嘘つかない!
 
 
と量だ量だと言いつつも、300Kmを超えた月は年に2回しかなく、平均を取ると
200Kmも走れてないのだが、H28/4~この考え方で取り組んだ結果、
右足付け根の痛みは残りつつも
H28/11 つくばマラソン 3時間29分
H29/3  静岡マラソン  3時間27分
とようやく復調し自己ベストを連発することができた。
走り始めて5年、ようやく自分に合った練習が分かってきたような気がしてきた。
 
 
随分と回り道をしてきたが、自分の目標はおこがましくもサブスリー。
まだまだロバがサラブレットに憧れてる状態でもあり、
自分のランニングの延長線上にある世界なのかも半信半疑なんだけど、
サブスリーをロックオンしてからブログを書いても、
「あーこの人は血統書付きのサラブレットなのね」と思われるだけなので、
ロバからサラブレットへの変身記録を、そういう日が来ることを信じて残しておきたい。
 
キロ415でフルマラソンが走れる世界、覗いてみたいなぁ。